本文へ移動

診療について

形成外科

形成外科」は赤ちゃんからご高齢の方まで皆さまの身近な悩みに向き合う診療科です。
例えば、怪我、やけど、できものやアザ、手足の爪の変形やトラブル、ニキビやシミなどの肌トラブルや悩み生まれつきの体の変形や欠損など、体のさまざまな部位に対して広く治療を行う診療科です。
 
当院ではできるだけ侵襲の少ない治療を選択しながら、必要な時は外科的な治療を行い、早く良い状態に戻っていただく手助けをするのが私たちの仕事だと思っています。
直接的な治療の他に、日常生活におけるアドバイスなどもお伝えするよう心掛けています。
 
近年の美容医療に対するイメージなどで受診に抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、病気やケガなどの多くは保険診療です。当院では保険診療でカバーできない内容のものに関して、患者さん自身のご希望があれば自費診療をご案内するようにしています。
”何科に相談したらいいのかな”とお悩みの方はまずはご相談ください。

外傷(けが)・きず

体のさまざまな部位のけがやきずの治療を行っています。
縫合が必要な場合も浅いけがで縫合の必要がないようなものでも、また、なかなか治らないきずもできるだけ早くきれいに治るよう処置を工夫しています。 けが・きずの状態や部位ごとの特徴を十分考慮して治療します。
特に顔や手足、子供や皮膚が薄くて治りにくい方のけがやなかなか治らないきずなどは形成外科の専門分野ですのでご相談ください。
 

熱傷(やけど)

熱傷(やけど)の処置は初期の治療が適切でないと、傷が深くなったり痕が残ったります。さらに顔や手などの特殊部位の熱傷や基礎疾患がある方の熱傷は、深い知識と経験を持つ医師による治療が必要とされます。受傷後できるだけ早い時期に熱傷専門医のいる当院にご相談ください。
 

皮膚皮下のできもの・アザ

全身のあらゆる部分のできものの診察・治療を行っています。視診に加え、必要な場合にはダーモスコープやエコー、レントゲンなどの各種検査機器を使用し診断します。
受診したその日に手術が可能なものと後日予定手術となるものがあります。
できものの種類や部位によって治療方法や経過が異なりますので、診察時に詳しく説明します。
 

爪周囲のトラブル

爪周囲、特に足指の爪のトラブルは長引くことが多く、治療が難しい疾患の一つです。
巻き爪や爪切り時の深爪、ケガ、爪の水虫など原因はさまざまですが、適切な治療を行えば早く痛みから解放される可能性があります。当院ではテーピングやワイヤーによる爪矯正治療、手術などを行っています。(ワイヤー矯正治療は自費治療になります。)
 

足のトラブル

足のトラブルは、マメやタコ、魚の目、皮膚潰瘍、巻き爪、陥入爪、外反母趾など様々なものがあり、当院ではこれらの治療を専門的に行っています。爪切り、タコだけで病院を受診していいのか・・・と悩む必要はありません。お困りのことを何でもご相談ください。
足は心臓から最も遠い場所にあり、環境が整っていないと治癒が遅れることがあります。トラブルがある局所の治療はもとより、原因となる疾患がある場合は他院での精査を行ったうえで必要な治療を行っていきます。入院を要する場合でも適切な施設へご紹介いたします。
 

多汗症・腋臭症(わきが)

腋や掌の汗の量やにおいが気になる方の治療を行っています。
皮膚にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺がありますが、汗のにおいが強い場合はアポクリン腺が発達している方で、その汗に含まれる脂質やたんぱく質が皮膚表面の細菌の作用で分解され特有のにおいを生むとされています。
日常生活の改善や制汗剤でも改善しない場合は手術を検討します。当院での手術は通常、局所麻酔で片側ずつ行いますので入院は不要です。
また汗の量が気になる方はボトックス注射(自費治療)や医療機関専用の制汗剤も有効です。
 
掌や足の裏などの多汗症の方にはイオントフォレーシス療法を行っています。汗をかく部分を水道水に浸して弱電流を流すことで、汗腺の働きが制御され発汗が少なくなるといわれています。副作用がほとんどなく欧米では一般的な治療として行われています。イオントフォレーシス治療は健康保険適応です。標準的には週に1-2回の治療が必要ですが、頻度は症状に合わせて調整します。
 

ニキビ・ニキビ跡

にきびは日本人の90%以上が経験する疾患です。ひどいニキビ跡を残さないためにも、症状に応じて適切な治療を早めに行う必要があります。当院では内服薬・外用薬・漢方薬・スキンケアなどを組み合わせ患者さん一人ひとりのライフスタイルにあった治療を行っています。ニキビの治療は通常は保険治療で行います。
またニキビ瘢痕や美容的内容には自費治療をご案内することもあります。ご希望の方には肌トラブルを起こしにくいスキンケアのサンプルも提供しています。ニキビ肌の方は肌が敏感になっていることが多いので、まずお試しいただいてからのご購入をお勧めします。
 
 
 
 
 
 
 

整形外科・リハビリテーション科

首・肩・腰・膝の痛みに対して薬物治療やリハビリテーションを行っています。
また骨折の原因となる骨粗鬆症の検査・治療もおこなっています。
 
 
 
 
 
 

美容皮ふ科

各種の美容機器をとりそろえ美容診療を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

手術について

診察時に手術を受けられることが決まった場合、原則として手術は後日予定手術として行います。
(但し外傷等の緊急手術は除きます)。
通常は手術の翌日または翌々日に創部の確認のため受診していただくようにしています。
 
当院は通常、形成外科専門医2名で診療しており、外来診察をストップせずに手術を行っています。
そのため、比較的患者様の都合に合わせて日程が調整しやすくなっています。
 
どんな手術でも術後は患部の安静が必要ですが、入浴や家事などの日常生活にできるだけ支障がでにくいよう、術後の処置を工夫していますので「抜糸までは絶対水にぬらせない、風呂に入れない」ということはほとんどありません。
手術前に術後の注意点等は詳しく説明いたします。
 
医療法人爽健美会
みね形成外科・美容皮ふクリニック
〒852-8154
長崎県長崎市住吉町2-22
武田ビル3階
TEL.095-847-0010
 
TOPへ戻る